タイは若いうちに行け!痛感物語

過去に何があり何故今もタイで生活をしているのか?約20年を振り返る実話物語 ~全ては繋がっている~

前回の続き。。’’ホスピテル’’ に入所して4日目。朝の検温時に「午前9時に2階に行け」と言われます。聞くと ’’レントゲン検診’’ があるとのことです。「隔離前に病院でチェックしたのにまたするの?」でもこれは隔離される前に「レントゲン代は高い」と噂を聞いてい ...

前回の続き。。バンコク住みの「Zさん」からの支援物資到着。依頼した室内スリッパと洗面器以外に ’’大きな袋’’ が隔離部屋のドア前にどーんと置かれていました。ホテルだからドアを開けると前と左右に他の部屋のドアも見えるのですがこんなに特大の袋は自分のみ。自慢 ...

前回の続き。。コロナ陽性者となり ’’ホスピテル’’ での生活開始。もちろん部屋から一歩も出ることは許されずすることも無いから時間が過ぎるのが遅い!と初日の土曜日と翌日の日曜日は思ってましたが平日になると自分の一日は割と早いものでした。隔離中でも ’’通常時 ...

前回の続き。。隔離ホテルは病院とホテルを合わせた ’’ホスピテル’’ここで14日間を恋人の「ギター」と過ごします。部屋のテーブルにインフォメーションの書かれた1枚の紙が置いてありました。・朝6時と夕方18時に体温と血中酸素濃度検査・食事は8時、12時、17時に配給・ ...

前回の続き。。コロナ陽性者となり隔離ホテルに連行されました。隔離部屋は自分と恋人「ギター」のツインルーム。※ワンルームにベッド2台隔離された部屋は思っていたより意外と小綺麗で床はタイルではなく一応フローリングタイプ風。ベッドは2台設置されていても決して窮屈 ...

前回の続き。。隔離ホテルに到着し、初期の身体検査が終わりました。自分の斜め前で彼女「ギター」も検査を終えたので二人で並んでロビーのパイプ椅子に座り簡単な雑談をしながら次の指示を待ちます。ヨシキ「なんか普通のホテルだね」ギター「個室なのかな?」ヨシキ「感染 ...

前回の続き。。パタヤから救急車で運ばれサムットプラカーンに到着。場所は丁度『スワンナプーム空港』の裏辺り。通常ならパタヤから1時間30分は掛かりますがサイレン鳴らしっぱなしの、追い抜きしまくりの前方を走る一般車には強制車線変更させまくりの3~4ヶ所ある料金所も ...

↑このページのトップヘ