前回の続き。。

パタヤ・ソイ ブーメラン GC『ゴールデンタイム』
※GC。。ジェントルマンズクラブ

最初に横に座った「M」がダンスに行ってる間に
現れた美女が「座って良い?」とアピって来た

彼女の名前は「Y 」 ※仮名

Mに引けを取らないナイスボディの持ち主

Mを綺麗系とするならYは可愛い系

この店。。ホントに凄えかもしれん。。

俺はゴールデンタイムの存在自体は知っていたが
ネット情報で目にしたか?昼間は営業していないか?
更に外観から察するにゴーゴーだと思い込んでおり
調査を後回しにしていたことを激しく後悔。。


俺 「今までどこに居たの?」

Y 「奥側のステージよ ♡」

俺 「反対側に居たのかぁ」
  「箱もステージもデカいもんね」
 
Y 「私はアナタが入って来た時にわかってたわよ

俺 「確かに日本人客は居ないようだね」
  「Yはココ長いの?」

Y 「2ヶ月くらい

俺 「まだ新人さんかぁ」
  「どう?ここでの仕事は」

Y 「今はダメね。。
  「コロナで観光客が来ないもの

俺 「俺がチョット協力するよ」

Y 「え!じゃあゴーアップ良い?

俺 「いやっ  ごめん  ドリンクだよ」
  「今、Mと飲んでるから」

Y 「Mと上に行く約束したの?

俺 「そうじゃないけどサ」

Y 「じゃ、私と上がりましょ♡」


こんな感じでやり取りをしていたところに
最初に指名したMが戻って来た


M 「コラコラ、私のお客よ

Y 「Mは昨日も上がったんだから良いじゃん 

M 「ダメ。私が先に座ったんだから


今、日本から応援してくれている読者様には
本当に申し訳ないと思うが、コロナ規制で
いつ営業ができるか分からないこの期間は
どこに行っても非常~にモテた

いや ’’たかられた’’ と言った方が良いか?笑

需要と供給のバランスがダダ崩れ

通常ならこんな美人の二人組は瞬殺ロックオンで
ゴーアップかペイバー(ペイバーの有無不明)され
訪問時間の遅い俺なんかには絶対回ってこない

余談だが俺は基本的には飲むだけを楽しんでおり
ペイバーやHは二の次と思って行動しているので
夜嬢から「コイツに脈は無い」と思われがちで
ソッコーで違うの客の所へ行かれることも(苦笑)

そう。。Hしてナンボと思っている嬢からすると
俺はかなりつまらない客なのである(笑)

ところがどうでしょう?

今は両手に華

しかもその二人に取られっこしてる俺

ムフフフフ。。


しかし、この二人が仲が良いのか?悪いのか?
本当にちょっとムードが悪くなってきた


皆さんご存じの通り俺は女のコに弱い

この状況でどっちか一人に絞ることが出来ない

しかもMかYどっちかを指名してしまうと
次回ここに来た時に固定されてしまうと思った

この流れで3〇の交渉も一瞬よぎったが
いつか彼女達が一人だけの時もあるだろう。。

その時、個別にゴーアップして。。


そう!二兎を追うものは一兎をも得ず!(意味深っw)


俺 「今日は時間が無いから帰るよ」


俺は二人ともに更にドリンクを追加提供し
十分にスケベしながらチェックビン

もちろん二人とのLINEの交換も忘れない


短い期間の中での偵察。。まだ行きたいGCは他にもあるのだ


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここに同じタイ関連の面白いブログが沢山あります

↓ ランキングアップポチっとお願いいたします


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください