前回の続き。。

GC『ゴールデンタイム』を後に目指した先。。

同じソイ ブーメランにあるGC『ピンクベイビー』
※GC。。ジェントルマンズクラブ

その距離わずか徒歩20秒

その1秒離れたところにはGC『BAKU LOUNGE』
奥に10秒後にはGC『club 555』なども存在する

やっぱりパタヤは世界一卑猥な街だ(笑)

小さいソイなのにエロ過ぎるだろっ(笑)

ちなみにこの「ブーメラン」の発音は非常に難しく
バイタクなどで向かう場合は少し手前にある
『パタヤシティ病院』がお勧め

※ソイ ブーメランの無理やりカタカナ起こしは
 「ブンマァレェン」となり言葉で伝わり難い
 そもそもソイ ブーメランを知らないタイ人も多い


さあ突入だ!

さっきまでゴールデンタイムに居たから
ピンクベイビーはこじんまりと感じたが
一般的なGCからするとかなりデカいし華やか

ここも先ほどと同じく中央にステージがあるタイプ

今日は調査日とは言え一人で飲むのもなんだから
直ぐ女のコを呼びカンパイをして楽しむことに


「チョンゲェ~オ  初めまして~ 」


嬢 「何キョロキョロしてるの? 

俺 「いや、初めて来たから。。」
  「ココって新しいGCだよね?」

嬢 「そうだよ~ 

俺 「規制で外国人が少ないから大変でしょ?」

嬢 「今は仕方ないよね (泣き真似)」

俺 「さっき入口のとこのGC見てきたけど
   やっぱりお客さん少なかったよ」

嬢 「あのGC、以前は凄かったのになぁ~ 

俺 「ココはどの国のお客さんが多いの?」

嬢 「ん~、やっぱ日本人かなぁ? 


よく店内を見回してみるとファラン客が二組と
アジア系(韓国?)と思われる客が一組、
更に俺の横で日本人客が三~四人で
ワイワイと楽しそうに盛り上がっていた


俺 「ホントだ、日本人に人気みたいだね」

嬢 「そこに座ってるのがオーナーよ (指さし)」

俺 「え!ここって日本人経営なの!?」


日本人の客と楽しそうにおしゃべりをしている
ごく普通のオジサマが店のオーナーらしい

大変失礼なことだがこの時は誰だか全くわからず
普通に話しかけさせて頂き乾杯をするのだが
会話をする中で有名人だと言うことに気付いた

「今日は女のコ少なくてゴメンナサイ」
「日曜日にyoutubeライブやるから見て下さいね」

パタヤ界隈で夜の店のオーナーと聞くと
俺の中では何となくダークなイメージがあったが
全くそんなことは無く逆に常に気遣いをしてくれる
笑顔のステキな方。。

そう、この人がパタヤの有名人。。
オールパタヤ社長の「ヤジさん」だった

ヤジさん「今日はありがとうございます」
    「楽しんで下さいね」「乾杯っ」

正確には別に正式オーナーの日本人の方が居るのだが
俺の指名した女のコが勘違いしていたようだ
※こちらの方も後日お話させて頂くが超良い人

やっぱりパタヤ。。スゲェ

何故こう思ったか?

俺はこの週の前後でタイ系ユーチューバーに
連続して遭遇しているからだ


皆さんご存じ、バンコク代表「TJさん」と
「ピギーさん」のパタヤ散策ライブを偶然見かけ
映ってはいけないとソッコー方向転換して逃げ。。

バーで飲んでたらパタヤ代表「パタヤ若大将さん」の
ヘベレケライブを見かけたがライブ中だと言うことと
あまりのデカさにビビって声を掛けれず。。

とにかく日本人に限らず欧米人、アジア人など
ユーチューバーでなく一般の方かもしれないが
自撮り棒、もしくはジンバルにカメラを付けて
街を歩いてる方を見かけることが非常~に多い
※ジンバル。。カメラ手振れ補正の機械

パタヤは街が小さいから撮影ポイントが集中するのだ

あの人もこの人も ’’その界隈では有名な方’’ なのかも

俺は本当に無知だ

自分のブログの更新に必死になり過ぎて
バンコクやパタヤで有名な方の事をあまり知らない

知らなさ過ぎて恥ずかしい

穴があったら入りたい。。

SNSはずっと放置しているFBをたま~に見る程度

一時期は熱を入れてたインスタグラムも1年放置。。

色んな場所で遊んでは来たがずっとワンマンプレー

更新速度が遅く情報に疎くなっているのが事実


パタヤに住む者として先輩方にご挨拶ができないと
失礼にもなるし何かチャンスを逃すかもしれない


俺もタイブロガーの端くれ。。少し勉強しないとダメだ


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここに同じタイ関連の面白いブログが沢山あります

↓ ランキングアップポチっとお願いいたします


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください