前回の続き。。

GC『ピンクベイビー』で出会った「ヤジさん」

俺が自ら「俺」と名乗って初対面の人に接したのは
この日が初めてだったと思う

なんならこの日以降もそんな機会は無い(苦笑)


俺   「あの。。実はブログを書いてまして。。」

ヤジさん「あ、何か見たことあるタイトルですね」


それが社交辞令だと分かっていても正直嬉しかった


そう。。過去に何度かブログにも書いたが
この頃はもう最終回を迎えることがわかっており
常に「残念無念」と思っていたことを思い出す。。
このコロナ規制さえなければ日本から遊びに来る
読者の皆様ともパタヤやバンコクで軽くオフ会となり
「ブログ読んでますよ~」「チョンゲーオ」なんて
楽しく食事して飲んで街を練り歩くこともでき
「あぁ。。ブログやってて良かったなぁ。。涙」
なんてことが数十回はあったかも?と思うと
なんともやりきれない気持ちになることが多かった


もとい。。

この日はヤジさんと少し会話をさせて頂いたのみで
結局指名した女のコともゴーアップせず退店

夜の良い時間となり女のコが少なくなっていたが
ヤジさんは自身の友達?と飲んでいたため
ここで俺がゴーアップ!なんてしてしまうと
嬢が一人減ってしまうと言う配慮(キリッ)

と言うか次の日の仕事を考えて退散しただけ(笑)

この羽目を外し過ぎない、仕事を優先している部分が
俺の良いところではないだろうかっ(キリッ)

明日の ’’遠征’’ の準備もあるしね

ちなみにこの日お相手してくれた女のコはタイプで
性格も良く思えたから後日もう一度訪問したが不在

その時、別の女のコに「明日は来るよ」と聞き
行こうと思ったていたが当日は用事で行けず終い

で、もたもたしている間にコロナ規制で長期閉店

ほんっとにコロナのバカヤロー!!


とにかく3日目も無事に計画をこなして帰宅


そして4日目。。

恒例の日程表オープン!ジャジャンッ♪

皆さんも俺の1週間旅行ような感じで
最後まで見届けてくれたら嬉しい


日曜日:彼女を空港へ★パタヤの夜① 「E」←クリア
月曜日:★パタヤの夜②「F」←クリア
火曜日:★パタヤの夜③(新規GC巡り)←クリア
水曜日:★シラチャの夜「C」同伴出勤 ←今日
木曜日:★バンコクの夜①(〇〇)
金曜日:★バンコクの夜②(Zさん)
土曜日:休日★バンコクの昼と夜③(フリー)
日曜日:昼までゴロゴロし彼女を迎えに空港へ


今回の読み切り編が始まった時にも説明したが
今日は「シラチャ」遠征の日

朝、いつも通り普通に出勤するのだが
この日から最終の日曜日までは自宅に帰らない

自宅と職場とシラチャ・バンコクが
真逆と言うか全く別の位置になるため
一度帰ると約100キロ(2時間強)をロス

そもそも酒を飲むのでクルマが運転できず
現地で泊まる以外の選択肢は無し

よって俺はスーツケースに5日分以上の衣類を詰め
誰にも何も言わず(言う人も居ないw)仕事

そして定時に普通に退社。。

しかし帰る場所は自宅のある「パタヤ」ではない

リトルジャパンと呼ばれるシラチャ中心部へ向かう

これだけでも日常とは違う行動となり
気分転換になったりもする

既に『ロビンソン・シラチャ』近くのホテルを予約済

以前の特別読み切り編に登場した「C」にも
「平日だけど会いに行くから」と予約済み

そこでCから提案された同伴出勤も快く承諾

会社からシラチャへの移動時間、約50分(35キロ)

なんと俺の住んでいるパタヤよりも近く
自宅から職場は1時間ちょい(約50キロ)


道中いつもと違う景色を楽しみながら
なんの問題も無くホテルチェックイン


軽くシャワーをして私服に着替えると
ちょうど良いタイミングでCから連絡があった


C「今からホテルに迎えに行くよー


そして15分後。。

Cの乗ったトゥクトゥクがホテル前にベタ付けされた


さあ見せて貰おうか、シラチャの夜とやらをっ(何回目?笑っ)


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここに同じタイ関連の面白いブログが沢山あります

↓ ランキングアップポチっとお願いいたします


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください