前回の続き。。

フリータイムの5日目に訪れたバンコク『タニヤ』

メチャメチャ楽しかった『Sexy Club F1』

良い思い出をありがとう ( ˘ω˘ )


現在の時刻、22時過ぎ。。

まだ少しだけタニヤはざわついていた

国のコロナ規制で23時に店を閉めないといけないため
最後の呼び込みにどの店も必死だ

女のコ「アナター!どうぞ~!」
女のコ「イラサイマセー!!」

ってか、今からじゃ1時間も遊べないじゃん。。

俺はカラオケは閉店しても街の調査は出来る!と
スリウォン通りの方へ歩き出したが
ちょっと強引なママさんらしき女性に引き止められた

ママ「お兄さん!」
ママ「このコなら今空いてるよ!」
ママ「日本語OKの人気のコだよ!(指差し)」

見るとちょこんとプラスティック椅子に座った
一人の女のコが俺に向かって笑顔で小さくワイ

容姿は可もなく不可も無く


俺 「でも、もう閉店でしょ?」

ママ「会計は23時だけど0時まで遊べるよ」


え?そんなルールなのか?


疑わしい部分はあるがもう少し遊びたい
今のタニヤを少しでも知りたいと思い合意

歩くだけの調査ならこの後でもできるし
ちょっと入ってやろうじゃないの


『Club M』

カラオケ嬢に小さなエレベーターに詰め込まれ上へ

入り口の扉が開くと大音量のT-POPと
女のコの大歓声が溢れ出て来た

嬢1「いらっさいませ~!!」
嬢2「サワディーカ~~!!」

常連と思われるグループ客で中は満席

全ての客が一体となり中央のフロアで
円陣の様な形で踊っていた

(うわ、盛り上がってんな。。)

皆、今日の解禁初日を待ちわびていたのだろう

今夜は解禁初日。。祝いのようなもんだ

俺も席に付いてチョンゲーオした直ぐに
負けずと女のコの手を引き踊りの輪に参戦

が。。

テンションの高い中で乾杯ラッシュが続き
楽しい時間を過ごせたのだが所詮俺は初見

何の前知識もなく飛び込みで入ったので
さっきのF1に比べると全く物足りない

なんか俺自身も今回は滅多にない機会だから
楽しまなきゃ損だと空回りをしている感じはあった

そしてコロナ規制の為、早めの時間切れ。。

なんとも不完全燃焼なままチェックビン
そして「またね♡」と見送られた

。。。

看板の灯りが消え出すタニヤ

人は居るが皆足早に帰っているようだ

そらそうだろう。。閉店だもんな

俺も明日(今日)の客先訪問の事も考えて
ホテル帰って寝るかぁ。。

と、シーロム通りの方へ歩きかけた時だ


男「会長!!こんな早い時間に帰るんでっか?」
※Sさんではない(笑)


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここに同じタイ関連の面白いブログが沢山あります

↓ ランキングアップポチっとお願いいたします


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください