前回の続き。。

コロナ規制緩和初日の夜『タニヤ』


「会長っ!」
「こんな記念すべき日にもう帰るんでっか?」


なんとも胡散臭い、タイ人の男に呼び止められた

この界隈『パッポン』などでよく見る手の容姿

しかも「社長」を通り越して「会長」だぁ?
。。でもこれはちょっと面白いじゃん(笑)

そして俺は最近ではめったに来る機会の無い
最近のこの周辺の情報収集も兼ね話を聞くことに


俺 「でもオッチャン?規制でもう閉店でしょ?」

男 「555 普通わな」
  「ワシのところは今からが本番でっせ」

俺 「えー?本当に?」

男 「直ぐ近くやから行こうよ」

俺 「いや、止めときます(笑)」

男 「そんなこと言わんと、な?」

俺 「カラオケですか?」

男 「いや、カラオケ機の無いキャバクラや」

俺 「なんか怪しいなぁ?」
  「どうせブスしか居ないんでしょ?」

男 「。。正直に言うわ!」
  「皆ペイバーされたから今は二人しか居らん」
  「そんで一人はブスやけど一人は美人!」

俺 「ホンマかいな?(笑)」

男 「見るだけタダ~ 555」
  「ほな、向こう行こか」

俺 「え?ここ(タニヤ)じゃないの」

男 「ちょっと歩くけど直ぐそこやから」

俺 「あ、止めときます」

男 「もう!!そんなん言わんと!」
  「ワシも連れて行かんと給料ないんよ」
  「ブスやと思ったら帰って良いから」
  「な!頼むっ!」

俺 「気に入らなかったら帰りますからね」

男 「よっしゃ決まりや!」


男は俺に「付いて来い」と言った

クルマの量も少ないスリウォン通りを歩く

しかし「直ぐそこだ」と言ったにもかかわらず
10分くらい歩いただろうか。。

しかもちょっと薄暗い路地へ入って行った


男 「ここや」

俺 「。。。」


バーと言うか民家?

しょぼい電飾が付いていたが何とも怪しい雰囲気だ


俺 「オッチャン、これはアカンわ」
  「俺、帰るから」

男 「兄ちゃん!頼む!このとおりや!(ワイ)」
  「ワシ、客連れて行かんと給料ないんじゃ」

俺 「じゃあ。。」
  「見て気に入らなかったら直ぐ帰りますよ」

男 「わかっとる」
  「さ、入ろか」


入り口こそステッカーなどでジェントルマンズっぽく
飾ってあったが、中は。。

ちょっとデカ目のソファーがあるただの民家だった

そしてここの家主なのだろうか?
奥の方では結構歳のいったオッチャンとオバチャンが
結構な音量でテレビを見ている景色

。。。

日本でもポン引きに引っ掛かることの無い俺が
記念すべきバンコク規制緩和の一日目に
聖地タニヤでこんなんに引っ掛かるか??

そりゃ、今こうしてブログのネタにはなってるが
何とも言えない時間が始まるのである。。


男 「なんか一杯くらいは頼んでや」

俺 「じゃあ。。LEOで。。」


奥からさっきのオバチャンがLEOを持って来た


俺 「ありが。。」

オバ「よっこいしょっと。。」

俺 「!?」


なんとそのオバチャンが俺の横に座ったのだ


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここに同じタイ関連の面白いブログが沢山あります

↓ ランキングアップポチっとお願いいたします


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください