前回の続き。。

久々の『タニヤ』に舞い降りた俺

1次会 『Club F1』超楽しい!
2次会 『Club M』飛び込みの割にはアリ!
3次会 。。。地獄の始まり?

俺は知らぬ間に訳の分からないカラオケ店?に
連れて来られて、なんと着席までしていた

そしてLEOを運んできた一人のオバチャンが
俺の横にそのまま着席(涙)

しかも自分が飲む用のLEOをチャッカリ持って

普通「一緒に飲んで良い?」とか聞くんじゃないの?

更にオバチャンと言ってもパタヤのバービアに居る
太った陽気なノリノリのママさんオバチャンじゃない

身体つきは細めで髪の長い普通のオバチャン。。

最初に「カンパイ」とは言ったが後はほとんど無言

横に座って ’’宙を見ながら’’ LEOをラッパ飲み
※細いオバチャン。。以下、細婆


アカン。。これはアカンよぉぉぉぉお 


俺をココに引っ張って来た男はシャツをまくりあげ
腹をボテッと出し奥でテレビを見ていたオッチャンと
一緒に談笑をしており、その姿はタヌキそのもの。。
※俺をココに引っ張って来た男。。以下、狸


【俺脳内】
なんだ?!この店は?
在タイ歴15年の俺がこんなのに引っ掛かるか?
俺、まんまと性悪タヌキに騙された???
よく見たらオッチャンの頭に葉っぱが。。無いか。。
それにしてもコレは無いぜ?非常識だっ!
ここはビシッと言わんとアカン!
相手が動物でも流石に許せんっっ!!
。。でもトラブルも嫌だしな。。
そもそも俺はそう言うのが大の苦手じゃないか
じゃあどうするっ?   泣き寝入りか?
このままLEOを1本だけ飲み干し退散する?
ん?まてよ。。確かあのオッチャンは
二人の内一人は「美人」だと言っていたな。。
こうなればそれにチャンスを掛けようっ!
もしそれがアウツなら俺は文句を言う!

ヨシッ!

俺は奥に座っている腹ボテ狸を呼んだ


俺 「ピーー!!」※ちょっとお兄さん

狸 「何?」
  「ワシにも1本オゴってくれるの? 555」

俺 「いや、そうじゃなくて」
  「あの。。言ってたヤツ。。ね?」
  (横に居るオバチャンに一応気遣って言えない)

狸 「(あぁっ!)若い方の女やろ? 555」
  「ハッキリ言いや~ 555」

俺 「俺が二人とも相手にするよ」
  「コロナ規制解除祝いやっ(笑)」

狸 「さすが兄ちゃん!エロいなぁ 555」
  「ワシもこのテーブルに座ってええか?」

俺 「ダメ~(笑)」

狸 「上(2階)行って呼んで来るわ」

俺 「(たのんだぞ)」


綺麗どころが来るとテンションもあがるだろう

しかも狸は最初言ってなかったが「若い女」だと?

若い時は綺麗だったとかそんなオチじゃないんだ

良いじゃぁ、ないの(ニヤリ)


ヨシ、このオバチャンもちょっとイジってやるか


俺 「ココに来て長いの?」

細婆「COVID(コロナ)になってから来た」

俺 「あー、そうなんだ(コロナの後?)」

細婆「アナタはタニヤによく来るの?」

俺 「いや、パタヤから遊びに来たんだ」

細婆「ふーん

俺 「。。。」


話が全く盛り上がらない

しかもなんだ?

コロナになってから働いてるだと?

逆やんっ


そして約3分後。。

奥のすだれの様なカーテンの向こうから
「リアルピノキオ」みたいな女のコ?が
自分の飲むであろうチャンビールを持って
コチラに向かってヒョコヒョコとやって来た


んもぉぉぉぉおおぉぉ~っ!!涙


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここに同じタイ関連の面白いブログが沢山あります

↓ ランキングアップポチっとお願いいたします


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください