前回の続き。。

とんでもない所へ連れてこられた俺

いや?こう言う感じの店が好きな人も居るのか?

絶対に居ないよな。。(苦笑)

ってかどうやって経営が成り立ってんだ??

狸が言ってた「他のコは全員ペイバーされた」は
本当なのだろうか?

とにかく。。

欲が出たというかネタ探しに必死になったと言うか
十数年ぶりにキッチリと罠にハメられたようだ

タヌキでは無く猟師が、だ(苦笑)


長くタイに滞在すると忘れてしまいがちなのが
’’自分が外国人である’’ と言うこと

更に慣れ過ぎると ’’危ないと感じなくなる’’ こと

今回は改めて良い教訓になったと思おう


三人が横に並んでちょうど座れるくらいのソファーで
「ピノキオ」と「細いお婆さん」に挟まれて飲む俺

この姿。。絶対に知り合いに見られたくない(苦笑)

ちなみにこのソファーも老夫婦の家に昔からある様な
茶色(黒?)の革のヒビ割れた古い感じのソファー
やたらツヤだけはあり電飾の光が反射していたのを
鮮明に覚えている(苦笑)

そこにタヌキがチャチャを入れて来た


狸 「おー、両手に華だねぇ」
  「うらやましい 555 」


俺はこう言われた時に何かがプツンとキレた


(そない言うならやったろうやんけ!!)


とは言え喧嘩ではない。。
この場をホントに満喫してやろうと思ったのだ


俺をナメちゃあイカンぜよっ(何を?w)


まず俺の両隣に座っているガイコツの様に痩せた
二人の両肩に腕をガッと回して抱き寄せて
片手ずつで二人のオッ〇イを鷲掴みに!

細いオバチャンはカスカスの軽い乾いた感じで
ピノキオの方は何かザラザラしている気がした

※細い中年。。以下、細婆
※ピノキオ。。以下、ピノ

しかもピノに関してはオッ〇イと言いうか凸を弄ると
「シアオ♡」と言いやがった ※シアオ。。感じる

ちなみにピノキオの鼻は伸びず

しかしこれで二人にスイッチが入ったのか?
滅多にこんなシチュエーションはないのか?
ここから細婆もピノもサービスの質が上がる
(二人共クリーチャーに変わりナシだが。。苦笑)


俺 「せっかくの解禁初日、飲もうよ!」

三人「チョンゲーオ


数分後。。

何も興味を示さず宙を見つめていただけの細婆も
自分の子供の事、田舎の家のことなんかを話だす

ピノは枝の様な腕を俺に絡ませベッタリ寄り添い
どことなくまんざらでもない表情をして
カクカクうなずきながら細婆の話を聞いている


きっと今までは客が座った瞬間チェックビンか
最悪は走って逃げられてただろうこの二人
(いや、そうなる前に判断するかw)

「こんなことは初めてだ」といわんばかりの笑顔で
場が温まって来たとき二人から提案があった


ピノ「三人でホテル行こうよ ♡」
細婆「マッサージ、マッサージ」


俺(何を言ってるんだ。。コイツらは。。)


とは思ったものの。。


俺はここで逆に仕返しで引っかけてやろうと
ホテルに行くことに応じるような素振りをみせて
更にサービス向上となるよう仕向けた

まぁサービスを受けたところでメリット無しだが
俺は騙されていないと思い込みたいと言うか
元は取る!と貧乏根性が出たのだ(笑)


俺 「まぁまぁ落ち着いて」
  「とりあえずもう一本ビール飲みなよ」

ピノ「え?ホントに?ありがとう!」

細婆「ホッテル、ホッテル」

俺 「ん?ホテル?」
  「盛り上がったら行っちゃうかもね~(笑)」


すると二人は俺の頭の後ろ側で何やら話をして
盛り上がりハイタッチなんぞしている


俺 「ねぇ、もしホテル行ったらチップはいくら?」

ピノ「一人2,500の5,000バーツよ」

細婆「マッサージ、マッサージ」

俺 「わぁ、安いねぇ(高っw)」

ピノ「でしょう!キャハッ♡」
  「もちろんマッサージだけじゃないよ♡」
  「キャーーーッ 555」 カタカタカタカタカタッ..


続けて二人で何やらコソコソ話しを始めた

ニヤけた細婆と壊れかけのピノキオの横顔。。

絶句。。(苦笑)


まぁ二人で金の話でもするが良い

俺は絶対に行かないから

いや、厳密にはネタ作りのためペイバーは
一瞬だけ頭によぎったが。。

読者の皆様、申し訳ないっ 

まだ理性が残っていました(苦笑)

。。。


俺 「でも明日早いから帰るわ」

二人「えー!そんなっ!!」

俺 「オッチャン!チェックビーン (しらー)」

(みたか!これで引き分けに持っていったぜ!!)


狸 「なんだ兄ちゃん?もう帰るのかよ~」
  「えーっと。。1,800だな」


もぉぉぉ~!高ぇよぉお(苦笑)※引き分けでは無く完敗


5日目これにて終了っ(`・ω・´)ゞ

皆さん!タニヤで声を掛けられ
店舗がタニヤ外にあると分かった時は
全力で断って逃げましょう!

でないとタヌキに化かされますヨ(苦笑)



★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここに同じタイ関連の面白いブログが沢山あります

↓ ランキングアップポチっとお願いいたします


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください