前回の続き。。

フリーDAYラストナイト。。

俺は『ルアムチットプラザホテル』前まで来た

そして出会いを求め『テーメーカフェ』に続く
少しカーブした階段をゆっくりと降りる

しかし。。

行く前のワクワクとは裏腹に
カフェ内には女のコが居なかった

ガラ~ン。。

(なんだよっ!もうっ!記憶の上書き失敗かよ!)

【俺脳内】
やっぱまだ来る時間が早すぎたか?
規制でカフェが営業したりしてなかったりだから
フリーランサーの女のコも戸惑ってるのかな?
ん?もしかしてもうやってないのか?
あー、ネットで事前調査してくるべきだったな。。
ラストナイトは神にも認められたと思ったのに
完全な肩透かし喰らっちまったぜ。。
神より彼女が強し。。トホホ(苦笑)
まぁしっかり今日まで連日連夜遊んだから
大人しくホテル帰って寝るとするか。。
。。でもまた明日から半軟禁状態だしなぁ(涙)


俺は意気消沈したまま元来た階段を上がった

(どうすっかな。。)


「ハロー♡ アナタァ♡」


(ん?)


目の前に現れたのは笑顔の綺麗な長身の美女

まだ神は俺を見捨ててなかった!

。。のか?

そう、この時間この場所で会うこの手の人物は
皆さんもご存じの通り少々注意が必要

ここは紳士的にズバッと簡潔に訪ねるっ


俺 「やぁ、こんばんわ」
  「キミ、LBでしょ?」 ※LB。。レディーボーイ

美女「違うわよ!失礼ね

(あかんパタヤ生活が長くなって、つい。。


しかし俺にはこの失敗をした時の必殺技がある

勿体ないけど皆さんに伝授しましょう(笑)

今後こんなパターンになってしまうことも
有ると思うので一作戦として覚えていて欲しい


俺 「キミが綺麗過ぎてそう思ったのサ(キリッ)」

美女「もう~♡ ホントに?♡ (てへっ♡)」


今までこの返しで難を逃れるだけでなく
むしろ誉め言葉の効力もあることに気付き
LBだと思っても無いのに言ってしまうことも(笑)

少々危険かもしれないが皆さんも是非(笑)


美女「今日女のコ少ないでしょ?

俺 「全然居ないね。いつもこんななの?」

美女「ずっと閉まってたからね~ 

俺 「あー、やっぱりね」

美女「よく来るの?

俺 「いや?今日はパタヤから来たんだ」

美女「パタヤかぁ。。良いなぁ
  「行ったこと無いよ

俺 「今度一緒に行く?(笑)」

美女「それ良いわね  555」

俺 「キミ、名前はなんて言うの?」

美女「ナームよ
  「みぃ・ずぅ」

俺 「お、日本語の意味を知ってるね」

水 「日本人のお客さんも多いから
   名前の意味をよく聞かれるわ

俺 「どこかで仕事してるの?」

水 「soi 23の A GO GO。。」
  「『クレイジーハウス』よ

俺 「へぇ~。。(ニヤリ)」


ゴーゴーバーでドリンク代やPB代(ペイバー)を
払わなくともゴゴ嬢をゲット。。


こう言うことがあるからストリートは面白い


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここに同じタイ関連の面白いブログが沢山あります

↓ ランキングアップポチっとお願いいたします


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください