前回の続き。。

エカマイのガールズバー『アイーン』に到着

「ヨッシーさん」へのサプライズ決行の当日だ

俺も初めて来る場所だが事前に店長の「アブさん」と
コンタクト済ませてあるので何も心配はない
※アブさん。。以下、ア

ここが入口なのか?と一瞬躊躇してしまったが
そんな心配は一気に吹き飛ぶほど
女のコ達が笑顔で俺を迎え入れてくれた

綺麗な「サワディーカ~♡」に包まれる


俺 「(アイーンじゃなかったww)」
  「こんばんわー。。」

ア 「いらっしゃ。。」
  「あ!俺サンっスね?」

俺 「どうも!お世話になります」

ア 「さ、さ!座って下さいっス!」

俺 「大きなお店ですねぇ(ビックリ)」
  「小さなバーだと思い込んでました」

ア 「今日はわざわざパタヤからお疲れっス」

俺 「とんでもない、俺がお願いした方ですから」

ア 「ビールで乾杯しましょうっス!」

俺 「ですね!そうしましょう!」

二人「チョンゲーオ!」


カウンター席の良い感じの場所に案内された俺は
しばらく店長のアブさんと会話をさせて頂いた

「いつからタイで仕事を。。」
「ご出身は?年齢は??。。」
「女のコ達にギャグをね。。」
「苦労もあるでしょうね。。」
「コロナ規制で散々です。。」
「今日はオーナーも居て。。」
「。。。」

とても気さくで話しやすいアブさんだった

しかしここはあくまで俺も大好き ’’夜の店’’

女のコと絡まないわけにはいかない

いや、絡みたいっ!

絡ませて下さいっ!

段取りをして頂いて申し訳ないと思うのだが
俺は中年のオジサン店長との会話ではなく
ピッチピチのバンコクガールと戯れたいのだ(笑)

先程から俺の目の前のカウンター越しには
「1杯♡」「1杯♡」と言わんばかりに
可愛い女のコ達が首を長くしてスタンバイ

俺 「彼女達に飲ませてあげて良いですか?」
ア 「もちろんっスっ~」

このアイーンだが、まずシステムが気に入った

実際一人でバーに行くと特に好みでも何でもない
いわばたまたまタイミングが合っただけの女のコと
マンツーで飲むことが多くなると思うのだが
初めての店ではどのコが良いのか?気が合うのか?
なんてことは誰にも分からない

特にカラオケクラブとなると何度も通っているが
顔を見たことがあるだけで話はしたことが無い
なんて女のコがほとんど、と言う方も多いのでは?

そんなオキニ以外の女のコが気になったりするもんだ

しかし、アイーンは違った

この日は五~六人の女のコが居たのだが
良い頃合いでローテーションしてくれるのだ

しかも気立ての良い女のコ揃い

俺なんかよりも全然上手くアイーンも出来るw

そしてひと通り女のコを吟味した後に
オキニとしたい女のコを指名して
倍プッシュでご馳走してあげれば良い

そのままソファー席に移動もアリだろう

違う女のコと話したいな。。なんて思っても
「ちょっとあのコを呼んでよ」と一言勇気が出せない
俺にピッタリの店かもしれない(笑)

何という楽しいバーなんだ。。

この時の写真を明日のブログに載せたいと思う
なんとアブ店長より承認済みとなりました!
「タイ若!痛感物語」初の試みにご期待ください


そんな感じで盛り上がっていた時。。

後方にある出入り口の扉が開いた。。


ガチャッ。。


マフィアのボス風の男「うーぃス。。毎度ぉ~」

明日も更新しますが物語の続きは20日(月)です(*´з`)

★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここに同じタイ関連の面白いブログが沢山あります

↓ ランキングアップポチっとお願いいたします


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください