前回の続き。。

思えば2年以上、帰国していなかった俺

転職先の指示に従いビザ申請を日本で行うことになり
久々の『関西国際空港』に降り立った

季節はちょうど今と同じくらいの1月中旬

時間は朝6時(日本時間)

タイとの気温差は約30℃

常夏の国タイランドで慣れきった身体だから
凍え〇ぬんじゃなかろうか?と思っていたが
到着ロビーの外に出ても全然そう感じなかった

周りに見える方々はダウンやコートにマフラーも。。

俺は薄手のジャケットを羽織っているだけなのに
全く寒いと感じない

これがタイ在住者の中でささやかれる
「毛穴バカ現象」なのだろうか?

そんな言葉は聞いたこと無い!と思った方も
居られるでしょう。。でもそれは納得です。。

今、俺が作った造語だから(笑)

でもこの毛穴バカ現象は駐在員の方などからも
たまに聞くので今ココに命名することにしよう

さておき。。

関西エリアに住む俺はビザの申請を大阪市にある
バンコク銀行ビル4階の『タイ王国大阪総領事館』で
行うのだが一旦地元にも帰る必要がある

それはビザ申請に必要な書類を集めるためだ

大阪だけで完結できたら簡単なのに。。
でも新規で申請と決めた会社の指示。。
非常に面倒臭いがこれは致し方なし。。

致し方なしっ!(ラッキーやぁぁああっ)

実際移動時の手間を考えると面倒臭い行動であるが
地元に帰れば親はもちろん友達、行きつけの店
最愛の我が子供に会う時間だって作れる

現地採用の身分にとってチケット代は高い
できればLCCを利用し安く済ませるのが普通

なのに今回はTG(タイ国際空港)を利用し
ホテル代も全費用が会社持ち ※エコノミー

流石、従業員数五人の弱小タイ企業とは違う(笑)
※でもお世話になった大好きな会社です!BIGぅぅ〜!

しかし会社から貰ってる滞在期間は計4日のみ

ざっくりの計画はこうだ

・書類集め 1日
・ビザ申請 1日
・ビザ受領 1日
・ビザ受け取りの翌日に帰タイ

一応仕事みたいなものでバタバタするとは思うが
限られた時間を有効利用するのが俺の趣味


3泊4日で久々の日本を満喫してやるぜぇぇぇ!



★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここに同じタイ関連の面白いブログが沢山あります

↓ ランキングアップポチっとお願いいたします


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください