前回の続き。。

超盛り上がりの中でパーティー(三次会)は終了

しかしモッドとも出会えラッキー尽くしで大満足


俺  「楽しかったね~」

モッド「まさかシリーフールズとは大興奮だよ 

友達 「俺サンは色々詳しいねぇ 

俺  「いやいや、彼らが登場したのは偶然だよ~」

友達 「俺サンみたいな人と知り合えた
    モッドが本当に羨ましいよ 

モッド「へへ  良いでしょ~ 
   「この後もう少し部屋で飲もっか 

俺  「ほんと!? じゃあ、セブンでお酒買って
    飲みなおそうか!」

俺のラッキー尽くしはまだ終わっていなかった!


モッドはその友達と『パタナカン』にある
アパート(コンド?)に住んでいた


部屋の中は綺麗に整頓されていて
ジェーンの部屋とは違い王様の肖像画もなく
日本人と変わらない普通の部屋と言った感じ

買ってきた酒を飲みだして1時間も経たないうちに
モッドの友達はソファーベッドで寝てしまった

モッド「私も眠くなっちゃったから寝よっか 」
   「こっち来て。。


え?帰らなくて良い?。。のか?


俺は誘われるがままモッドと一緒にベッドに入り
真っ暗の中でイチャイチャを開始した

音を立てたら駄目だと言う行為に少し興奮

モッドも同じ想いだったのかそれに答えてくれる

キスをすると舌を激しく絡めてきた

お互い服の中に手を突っ込んで触ったりしてたけど
横で寝ている友達が気になりそれ以上に進めない。。

’’超モンモン’’ になったが我慢するしかなかった

モッドも耳元で「来週、今度は二人で会いたいな 
と言うと、その場ではそれ以上の関係になることなく
眠りに付いた


「来週会いたい」と言われても。。。


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここには同じタイ関連の面白いブログがたくさんあります

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 ←何卒ポチっと


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んでいただくにはコチラ→

一話あたり一分程度で読めますので是非御覧ください