前回の続き。。

翌朝、俺は誰よりも早く目覚めた

モッドはぐっすり眠っているようで
この時に初めて明るいところで顔を見たが
じっくり見ても肌はスベスベ、ツルツルで
ベビーフェイスがとても可愛かった

一夜を共に過ごした翌朝に、あらためて顔を見ると
「誰だぁ(何だぁ)こりゃ?」と思うことも
過去に複数回あったがモッドはかなりレベルが高い


昨日の夜、俺の耳元で息使いの荒くなっていく
モッドを思い出す。。


まだ特別な固定のお客サンも居なさそうだし
我先にモッドを何とかできないものか?と
思う気持ちが強くなったが、どうしようもない


「また来週ゆっくり会いたいね。。


このコトバ、今の俺には重い。。


今週K美(嫁)がバンコクに戻ってくる


俺は自分の名前とケータイ電話番号を紙に書き
モッドのバッグに入れてそーっと部屋を出た


俺は既婚者。。

嫁も居れば子供もいる。。

ましてや昨日会ったばかりのモッドと付き合うため
それらを全て捨てるなど到底出来る事ではない


さておき、久々の朝帰りで見た景色がとても心地よかった


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここには同じタイ関連の面白いブログがたくさんあります


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 ←何卒ポチっと

タイランキング

本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んでいただくにはコチラ→


一話あたり一分程度で読めますので是非御覧ください