前回の続き。。

到着したのは比較的大きなパブ(店名は伏せます)

タクシーで走って来た前にある大きな通りは
『カセート・ナワミン通り』と言うらしい

日本人観光客は移動手段や距離的にも
まず来ないであろうエリア

タクシーがナワミン通りに入ってからは
パブや夜メインのバー&レストランだと
わかる看板が無数に並んでいたので
地元タイ人が遊ぶエリアだと直ぐわかった

郊外で面白そうな場所を見つけたときは
未だに(2020年現在)テンションがあがる

しかも俺の両手には余るほどの泡姫軍団

「オラ、ワクワクすっぞ!!」


意気揚々と店内へ


テーブルに案内されウ〇スキーとミキサーを注文

飲み物が揃ったところで先に会計を済ませたが
バンコク市内のクラブと比べて20%ほど安く感じた

お客サンはタイ人の若者100%

しかも女の子は可愛いというか
顔つきがスレていない(ケバくない)子が多い

ゴーゴーバーの女の子を筆頭に夜の仕事の女の子で
溢れかえっているバンコクのクラブとは
少し違ったように思えた ※ただし俺は泡姫と来ている(笑)

あとで調べてわかったことだけど
比較的近くに『カセサート大学』があり
現役大学生が遊びにくることが多いらしい

そう言われてみれば男性客も
シャツをシュッと着こなしたようなのが多い

ここでは初めて「シーシャ(水タバコ)」も体験

俺は日本人が多いところはあまり好きじゃないし
何よりガイドブックに載っていないようなところへ
遊びに行くのが大好きだ


今晩は場所もメンバーも最高だぜー!


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここには同じタイ関連の面白いブログがたくさんあります

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 ←何卒ポチっと


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んでいただくにはコチラ→

一話あたり一分程度で読めますので是非御覧ください