2004年8月。。

「M先輩」と「ネーン」の極秘密会を目撃してから
半年近くが過ぎたころ二人は結婚することになった

結婚式はネーンの実家がある
コンケーン県で開かれることになり
会社の日本人では俺と「Mさん」と
上司の「Nさん」の三人が招待された
※Nさん・・未だブログ未登場

2週間前にM先輩が招待状を配った事で
正式に周りは知ることに


しかし当日3日前になり。。


Mさん「俺ちゃん。。」
   「ワシMの結婚式には行かんからな」
俺  「えぇ?それはまずいんじゃないんですか?」
Mさん「いや、ワシは許せん」
俺  「で、でも会社の連休の日を考えて
    式の日を決めったって。。」
Mさん「そんなもん関係ない」
   「Nさんもワシと同じ気持ちや」
俺  「え??Nさん(上司)行かないんですか?」
Mさん「結局Mとネーンは招待状を渡す時まで
    ワシに挨拶のひとつも無しや」
俺  「。。確かにそれは俺も同じです。。」
Mさん「そんなことありえるか?」
俺  「ちょっと酷いとは思いますね。。」
   「タイで一緒に働く仲間なのに。。」
Mさん「俺ちゃんは今までの付き合いも
    あるだろうし、好きにしな」
俺  「。。。」


M先輩にも色々理由はあっただろうけど俺達に
ずーーっと隠すのはよくなかったかも知れない

タイだけで言うと俺とは3年
Mさんとも1年一緒に仕事をしている

それは日本の本社での付き合いよりも
はるかに密度の違う付き合いだ

「実はネーンと付き合うことになっちゃって」

この一言で良かったのだ


俺は複雑な気持ちでコンケーン県へ一人で向かうことになった


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここには同じタイ関連の面白いブログがたくさんあります

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 ←何卒ポチっと


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んでいただくにはコチラ→

一話あたり一分程度で読めますので是非御覧ください