2004年12月末。。

M先輩が駐在期間を満了し帰任する

本社から「とにかくタイに行ってくれ!」と
会社を放り出されて駐在開始から実に4年後のことだ

この「駐在期間が全くわからない」と言う話は
他の会社でもよく耳にする話で
タイ駐在員同士の中でも笑い話になることが多い

「会社から1年って言われたけど、もう5年目です」
なんて話は珍しくもなんともない(苦笑)


M先輩はネーン(タイ人嫁)を連れて
一緒に日本へ帰国することになった

少し時系列を無視することになるけど
俺達の出向元の工場のある地元は本当に田舎で
そこでネーンが生活できるのか?と
心配だったけど「案の定ダメ」だった

結婚したからと言って24時間四六時中
M先輩が一緒に居るわけではない

日本語のままならないネーンでは
田舎でのご近所付き合いも難しいし
専用のクルマも無いので行動制限もある

更に軽い姑問題なんかもあったようで
少し塞ぎこんでしまったらしい

テレビで見る東京や北海道に
短期旅行するのとは訳が違う

生活するのだ

しかも楽しみにしていたであろう「雪」も
地元は大して降らないし、タイ人が期待する事では
唯一「紅葉」と「桜」が見えるくらいだ

「憧れの日本で生活できる!」
と幻想を抱いて来るタイ人も多いだろう

しかし、嫁いだ先は俺やM先輩の地元
タイのイサーン地方のような場合もあるのだ

しかも環境(言葉・食事・行動範囲など)を考えると
タイ人にとってはそれ以下の生活になるかもしれない

現実とのギャップは田舎ほど激しい。。


そこでM先輩はある決断をする


本社を約1年弱で退職し、静岡県にある企業へ転職

もちろんネーンも一緒にだ

そこで日本語もバリバリ勉強、ネーン専用車も購入
市内住みで街は賑やか、もちろん姑問題も無く
快適な毎日を過ごせるようになり
めちゃくちゃ元気になったとの連絡をもらった


今現在(2020年)も一姫二太郎と家族仲良く幸せな毎日を過ごしている


第七章 -完-

本章もお楽しみ頂けましたでしょうか?
なんと「15円」からブログのご支援頂けます
次章のモチベーションアップにファイト一発
IMG_7795
E-mail: thaiwaka999@gmail.com

↓ ランキングアップポチっとお願いいたします

本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください