前回の続き。。

翌々日、Mさんがタイへ戻ってきた


Mさん「いやー、俺ちゃんよ。。ベトナム最高(笑)」
俺  「でしょう(笑)」
俺  「Mさんの武勇伝聞かせてくださいよー」


Mさんは語ってくれた。。


Mさんは俺が教えた通り同じホテルへ宿泊し、
教えた通りに歩き、
教えたとおり『フォーチュナ・ホテル』へ
教えた通り地下へ降り
教えた通りの「KTV」にて
教えた通りの料金で
教えたとおりの店外デート。。

と順調だったけど、ここからが少し違っていた

Mさんが女の子と向かった先は
’’ミニホテル’’ ではなく
Mさんの推定するところ
彼女の実家?だったとのこと

しかも隣の部屋には親御さんが寝ていると言うw

二人は隠れるように彼女の部屋へ移動

そこまでは良かったが
333ビールを飲み過ぎたMさんは
「オシッコがしたくなった」と

しかし彼女は絶対に両親に見つかる訳にはいかず
Mさんをトイレに案内しない

しかし自分の部屋の隅っこに
オシッコをされる訳にもいかない。。

そこで思いついた彼女の行動。。

それは「洗面器にオシッコして」だったそうだ(笑)

Mさんは薄い壁の向こうで寝ている?
と思われる両親に気付かれないよう
洗面器の立ち壁部分にチ〇チンをあて
音がしないようにオシッコが壁を伝わり
回って中に溜まるようにサイレント放出(笑)

そのあとのHの時は女の子が声を出さないよう
シーツを噛んで「ん~、ん~っ」と悶えていた姿が
脳裏に焼きついて離れない、と(笑)


Mさん。。いつか一緒にプライベートベトナム旅行したいです(笑)


第八章 -完-

本章もお楽しみ頂けましたでしょうか?
なんと「15円」からブログのご支援頂けます
次章のモチベーションアップにファイト一発
IMG_7795
E-mail: thaiwaka999@gmail.com

↓ ランキングアップポチっとお願いいたします

本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください