前回の続き。。

週末21時 スクンビットsoi12 『コリアンタウン』前

MDからの「タクシー捕まえろ」ミッション実行中だ

相変わらず週末スクンビット通りの渋滞は半端ない

俺は「普通BTS使うだろっ」とは思ったが
MDの機嫌を損ねないようここは指示に従う


動かない渋滞の中やっとタクシーを1台捕まえられた


俺 「プラカノンまで行けますか?」
運 「オォホーーォオ。そっちは渋滞だから嫌だね」
俺 「。。。」

2台目。。

俺 「プラカノンまで行けますか?」
運 「OK  200バーツ」
俺 「。。。」


なかなか良いタクシーが捕まらない(汗)

というかクルマがほとんど動いていないっ(汗)

これも ’’週末バンコクタクシーあるある’’ なのだが
今はMDが一緒だから少し勝手が違う

「こんな動かないならメーター使っても200バーツ
 いくかもしれないな。。次の運ちゃんに同じこと
 言われてもメーター無しで乗ってやろうか。。」
 なんて考えながらタクシーを探してた

MDは「手際が悪い!」と言わんばかりの顔で
こちらの様子を伺いながらタバコを吸っている

カーーッ!ペッッ

MDはよくツバを吐くのだが、このころには
そのツバの吐き方で ’’ご機嫌レベル’’ が
わかるようにまでなっていた

今のツバの吐き方は危険レベルで言うと ’’中の上’’


う、さっきまで機嫌良かったのに。。どうすっかな。。


しかし3台目の運ちゃんには「プラカノン」と
言い終わる前に無言でクビを横に振られる

MDがイライラした顔つきでタバコを投げ捨て
こちらへ歩いて来るのが俺の視界の隅に入った


やばっ(汗)


そこで俺はすかさずカウンターパンチを当てる

俺 「MD!BTSで行きましょう!!」

MD「(上を指差して)これ?」

俺 「時間の節約、車内は涼しいし快適ですよ!」

MD「。。。」


そしてMDの機嫌を損ねないよう会話し続け
『BTSアソーク駅』まで歩く

俺は話を聞いてびっくりした

なんMDは一度しかBTSを利用したことがないらしい

MDの移動手段は ’’全てクルマ’’

慣れというか、習慣というか、思い込みというか
それが普通の生活になってしまっているのだ
※チト意味合いが違うが参照ポチ↓


ハンさんが来る前は専属の運転手が居たらしいが
経費削減でハンさん入社後に解雇したらしい


まさかハンさんは休日もMDの運転手をしていたのか?

今となってはもう分からないが、たぶん間違いない


BTS内でのMDは思ったよりも機嫌が良かった


MD「おぉ。もうトンローなの?早いね(笑)」

俺 「でしょう?BTSは使いこなすと便利ですよ」

MD「前にハンが今日と同じルートを運転してて
   あまりにもクルマが進まないから
   なんとかしろ!!って怒鳴りつけたことを
   思い出したよ ガハハハハッ(せき込むほど)」


あ、危ねぇぇぇっ 


もしタクシーであのまま移動していたら。。

スクンビットの渋滞は俺のせいだとイライラが爆発

俺もハンさんコースとなっていた可能性があるのだ!


車内アナウンス「next Station EKKAMAI ... next Station EKKAMAI」


このアナウンスが好きな方はポチっと→にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

第一話から読んでいただくにはこちら→
一話あたり一分も掛からず読めますので是非読んでみて下さい