前回の続き。。

あっという間にエカマイ周辺まで来た

さすがは渋滞知らず ’’僕らのBTS’’

最初に乗った『BTSアソーク駅』から10分程度

あのままタクシーに乗ってたら1時間コース確定だ

。。。

『BTSエカマイ駅』到着

プラカノンまで後一駅だな。。なんて思ってたとき
MDが突然「おぁっ?!」と俺の腕をひっぱり
ホームに引きずり出されたような形となった


俺 「ど、どうしました?気分でも悪くなりました?」

MD「(下を指さし)ここだ、ここ!  ガハハ(笑)」


MDはプラカノンとエカマイを勘違いしてたとのこと

流石は在タイ1年生の万年運転手付きバンコク生活

地名なんかはどうでも良くて場所さえ覚えていれば
なんら困ることはないのだ


そしてエカマイ駅下へ階段で降りる


俺 「エカマイでしたかぁ(笑)(愛想笑い)

MD「同じような地名でよく分からん(笑)」

俺 「ここから遠いですか?(MDは歩けるの?)

MD「えぇっと、ここは。。(キョロキョロ)
   ここからだとクルマで5分だな」


俺(距離的に2キロってとこか。。ソイの奥になるし
 これは運動不足の汗かきMDに歩きは無理だな)


MDはまたここでも「タクシー」と言っていたが
もちろんエカマイ通りもクルマは一切動いていない


俺 「MD、バイクタクシー乗ったことあります?」

MD「それも危ないから会社から禁止されてるんだよ」

俺 「じゃぁ今夜は規則を破りましょう!」

MD「ガハハハ~ッ(笑)」
  「でもワクワクするな、若い時に戻った気分だ」

俺 「あの。。お店の名前は分かりますよね?」

MD「もちろん」


MDは店名を何度か繰り返し言ってくれたが
俺自身ががその店を全く知らないし
店名が英語なのか韓国語なのかも分からず
あたふたしていたが、閃いた 


バイタクの運ちゃんならエカマイ通りのことは
全て熟知しているはずだ!


俺はMDに聞いたそのままの発音で運ちゃんに伝えた


俺 「サワッディクラップ」。。「パイ シャアアベ」

運 「オーケー」


一発で通じた(笑)さすがはソイマスター(笑)


2台のバイタクに分かれエカマイ通りをブッ飛ばす


そして到着した場所。。


超高級コヨーテクラブ その名は『Sherbet(シャーベット)


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここには同じタイ関連の面白いブログがたくさんあります

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 ←何卒ポチっと


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んでいただくにはコチラ→

一話あたり一分程度で読めますので是非御覧ください