前回の続き。。

MDに連れて来られた場所。。

コヨーテクラブ『シャーベット(Sherbet)』


俺は何年かぶりにバンコクで圧巻された

軍資金の問題もあるが、どんな人と付き合うかでも
夜遊びの内容は大きく変わると痛感

バンコク在住8年。。

しかし少し噂に聞いたりネットで見るだけで
行ったことがなかったコヨーテクラブ


ここで俺が何に圧巻されたかから紹介したい


まず、お客さんが乗ってきているクルマが全然違う

プロンポン・トンローの日本人向けカラオケクラブや
タイ人ローカルの多い『RCA』『ラチャダーsoi4』に
集まってくるクルマはここよりもう少し一般向けだ

シャーベットはベンツ・BMは当たり前の様に往来し
駐車場にはGT-Rやランボルギーニまで停まっている

バイタクでのんきにエントランス前まで来たのが
ホントに恥ずかしいと思うほどだ(笑)


瞬時に「この店は高いぞ」と感じ取れる


しかーし!!今日は事前に確認してある!


さっきMDの言った「いいよ、いいよ、昨日の礼だ
この言葉を絶対忘れはしない

完全に脳内録音してあり、いつでも再生可能!(笑)

超理不尽MDなのが少し心配だが。。
ここは韓国人のプライドをみせてもらおう


直ぐ黒服が寄ってきて中に通してくれた

MDは何度も来ているようで余裕の態度


そして入った直ぐのフロアで今日2度目の圧巻

それは女のコ(コヨーテ)のレベルと数

現地採用になってからカラオケ遊びをしていないが
してなくてもわかるっ

ここにいる女のコの容姿は ’’全員がモデル級’’ だ

「選んで下さい」と言われたが緊張して選べない

俺は完全にバンコク一年生に戻っていた(笑)

さっきMDを「在タイ一年生」と表現したことを
謝らないといけないかもしれない(笑)


そしてさらに奥に進み本日3度目の圧巻

コヨーテはいわゆるカラオケのようなところだと
思い込んでいたので初回のインパクトは凄かった

「巨大ステージ」どーん!
「生バンド」どーん!
「バックダンサー」どーん!
「特大スピーカー」どーん!
「フロア一面にソファー席」どーん!
「スポットライト」どーん!
「お客さん満席」どんどーん!!!

横目に ’’VIPルーム’’ なるものも確認できた

ちょうどステージ上でショーが行われており
それはそれは綺麗なコヨーテ達が
何人も並んで腰クネクネダンスをしていた

テレビで見るタイの綺麗なお姉さんはここに居たのか

簡単に言うと以前よく通った『ダンスフィーバー』や
『タワンデーン』のステージショースタイルだが
レベルはこちらが断然上だ。。いや比べてはいけない


こ、これはゴーゴーバーなんか行ってる場合じゃないかもしれない


行ってみたい!と思ったら(笑)ポチっ→にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

第一話から読んでいただくにはこちら→
一話あたり一分も掛からず読めますので是非読んでみて下さい