前回の続き。。

華やかさと上品さを兼ね備えた『シャーベット』

女のコは可愛いのレベルを通りこしてウルトラ綺麗

仕事で徹夜明けのご褒美か?心が洗われるようだった

MD「俺サンっ!楽しんでますか?ガハハハ」

俺 「もちろんです!それにしてもMD凄いですね」

MD「大したことないよ。韓国人の中では有名です」

俺 「でも、だいぶ高そうですね」

MD「ここは会員制だから一見では入れないんだ」
    ※MDが知らなかっただけで詳しくは入場できる

俺 「会員制。。なんか響きが凄いですね」

MD「最初メンバーシップになるのに3万バーツかな」

俺 「さ、3万!?」

MD「まぁ、ここは接待でも使ってるから
   入会金は会社の金だけど ガハハ(笑)」
  「それでボトルが6本もらえて、あとは。。」

MDは上機嫌で『シャーベット』のシステム説明を
してくれたが、どうも俺には敷居が高すぎるようだ

価格もそうだが、女のコも俺に不釣り合い(笑)

例えばもしプライベートでデートをするとしよう
それを想像してみたら笑いさえ込み上げてくる(笑)

『テーメーカフェ』に居るような普通のコ?の方が
俺にはしっくりくるのは間違いない(笑)

しかしここではアフターのことを考えずに
ワイワイ遊ぶのなら最高かもしれない

バンコクの夜遊びのジャンルは本当に広い

どちみちペイバー遊びができなかった駐在員時代に
なぜ『シャーベット』に気が付かなかったんだろう

今の俺はペイバーし放題だが、ここはペイバー不可

上手いことできてるな。。俺の人生は(苦笑)

それにしてもMDは会話をどうしてるんだ?

聞き耳を立ててみると簡単な英語で会話をしていた

しかし俺は知っている
MDはそこまで英語が得意ではない

横に座っているアップルも英語は不得意そう

MDは一生懸命話しかけているけどアップルは
興味がないのか?MDの言葉が分からないのか?
黙っている時間が長くなってきたように思う

あっ、そうだ!

今後身銭を切って来ることはない?かもしれないが
オゴリなら何度来ても良いじゃないか(ニヤリ)

俺はMDに気に入られれば、また『シャーベット』に
オゴリで来ることができるんではなかろうか?と
気合を入れて勝負にでることにした

俺 「MD、アップルちゃん可愛いですねぇ~
   よかったら通訳しましょうか?」

MD「お!そうだね!お願いしようかな」
  「そう言えばハンはここへ来ても喋らないし
   毎回つまらなさそうな顔してたなぁ(笑)」


その場に居なくても状況が目に浮かぶ、絶対にアナタのせいだ(笑)


そうだ!(笑)と思った方はポチっと→にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

第一話から読んでいただくにはこちら→
一話あたり一分も掛からず読めますので是非読んでみて下さい