前回の続き。。

韓国人同士でなにやらコソコソ話が続く。。

出張最後の夜はサムギョプサルと焼酎をたらふく頂いた

俺 「やっぱ本場は違いますねぇ。美味しかったです」

キ部「私も豚肉大好き(笑)」

キム「美味しいは韓国語でマシッソヨです」

俺 「マシッソヨッッ!! (知っていたが)

キム「タイ語ではなんといいますか?」

俺 「アロイですね」

キム「アァローーーイ!ですか?(笑)」

俺 「ですです(笑)」

キ部「そう言えばMDはタイ語どうなの?」

俺 「んー、タイ語はほぼ話さないですね(苦笑)」

キ部「私が去年タイに行ったときと同じか(笑)」
  「スタッフとコミュニケーションも大事だから
   その辺は俺さんがしっかり頼むね」

俺 「アルゲッスムニダ!(わかりました)」

キ部「(笑)さすが俺サン、MDとは違う(笑)」

キム「確かに(笑)少しずつでも話さないとね~」

MDのおかげで韓国企業(俺の居るタイ支社)って
こんなもんかと思ってたけど全然違った

皆ノリも良いし、優しいし、何より話を聞いてくれる

ここで働いても良いかもと思ったほどだ(笑)

そう思うとやはり会社のトップの影響ってデカい


そして俺の予想通り二次会に行くとのことで
全員で夜のソウルをゾロゾロと歩く

韓国の街はタイの街とは違ってネオン看板が凄い

街中をLEDで埋め尽くしていると言ったとこが
俺の中での夜の韓国・ソウルの印象

やっぱり異国は歩くだけでも面白い

おでんの屋台なんかも気になったけど
次回の楽しみに取っておくか。。


キム「俺さん、ここです!どうぞ~(ニヤニヤ)」


雰囲気でかわる。。韓国式のカラオケだ!(やったぜ!)


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここには同じタイ関連の面白いブログがたくさんあります

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 ←何卒ポチっと


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んでいただくにはコチラ→

一話あたり一分程度で読めますので是非御覧ください