前回の続き。。

今回俺を招待してくれたのは「カラオケ」だった

正確には日本式ではなくタイで言う「カラオケ」

もちろん「女のコ付き」だ

キム「ここは韓国では『ルームサロン』と言います」
  「今日の店はリーズナブルでレベルは落ちますが
   十分楽しめると思いますよ」

VIPルームの壁際に沿うように長いソファーがあり
派手な壁紙にシャンデリアやカラオケ機器
室内の雰囲気はまさにバンコクと同じ

キ部「私はバンコクでもカラオケに行ったけど
   違うように感じるから楽しんで下さい」

キム「うぅ、僕はタイに行ったことありませんから
   バンコクでも夜遊びしてみたいなぁ」

俺 「是非来てくださいよ!色々お世話になったし
   今度は俺が恩返しします!」

キム「嬉しいです!部長!出張お願いします(笑)」

キ部「確かにお前も国内だけじゃなくタイランドや
   インドネシアに行って少し勉強もしないとな」

キム「はい!頑張ります!お願いします!」

キ部「まあとにかく今夜は楽しみましょう」
  「(パンパン!)さあ、入って!」

すると女のコが10人ほど入って来てズラリと並んだ

ここで各自が指名していくと思ったのだが少し違った

キ部「今日はお客さんが来てる、みんな挨拶して」

女のコ「アンニョンハセヨ~

俺「(か、可愛えぇぇ~)」

キ部「それだけじゃ良くわからないから、コッチから
   全員名前と上着をまくってオッ〇イ出して」

俺「(なんだそれは?(笑))」

するとどうでしょう。。

女のコは自分の名前を言いながらペロっと上着を捲る

俺「(い、いきなりかよっ(笑))」

俺「あの、なんて言ってます?(笑)」
 「韓国語で挨拶されても全く基準が(笑)」

キ部「じゃ、おっ〇いで選んでください(笑)」

俺は言われた通り一番オッ〇イの綺麗な女のコを指名

キム「あぁ、やられた!僕も狙ってたのに(笑)」

そんなこんなでVIPルーム内は大変なことに

もちろん爆弾酒の乾杯からスタート

途中からは全員の膝の上に半裸の女のコがまたがり
腰振りダンスでやいのやいのの2時間強!

キム「俺さん、このルームサロンじゃなくて
   良いところは女のコの質も料金も
   もっと半端なく高いです。楽しいですよ」

もし俺がタイ駐在員をせずに韓国駐在員をしていたら
韓国で現地採用をさがしていたかもしれない(笑)

俺が初のルームサロンで思ったことは

韓国も夜遊びはバンコクに負けてない!
韓国の女のコは少し行儀が悪い!!
韓国の接待って凄い!!!
やっぱり現地の言葉が話せないと楽しさ半減!!!!

しかし俺はこの日のことを「爆弾酒」のおかげで
ほとんど覚えていないと言うオチがある(苦笑)

翌日、二日酔いの中でタイへ戻るのであった

ちなみに今回の韓国旅こ。。いや、韓国出張中には
俺自身で1ウォン(韓国通貨)も出すことはなかった


韓国本社の皆さん、最高の出張をカムサハニムダ

第十二章 -完-


↓いつか高級ルームサロンへ行きたい方はポチっ
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

本章もお楽しみ頂けましたでしょうか?
なんと「15円」からブログのご支援頂けます
次章のモチベーションアップにファイト一発
IMG_7795
E-mail: thaiwaka999@gmail.com

本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください