前回の続き。。

赤字続きの会社経営

その原因のひとつとなっている「顧客を切れ」と
言わんばかりの指示を出された俺とTさん


俺 「社長。。それは無理です。。」

エリ「なぜだ?」

俺 「大きな会社ですし、年末に大きな案件を
   新たに頂けるのも、ほぼ確で決まってます」

エリ「どうせまたその大きな案件も赤字だろう?」
  「きい案件ってことは赤字になるんだろ?」

T 「そこは現場でなんとかします」

エリ「今までどうにもならなかったんだろう?」

T 「確かにそうですが。。」
  「最近は社長の改善で良くなって来ましたし
   もう一回チャンスをくれませんか?」

エリ「いや、もう時間切れだ、俺サン分かったね?」

俺 「難しいです。。」

エリ「。。俺サン、優しいな。でもその優しさが仇だ」

俺 「。。。」

エリ「あのね?数字が全てなんだよ、わかるか?」
  「私も更に上に報告するべきところがある
   そこでそんな背景まで説明するか?ん?
   誰もそんなことは気にしていない」
  「そんなことよりもこの赤字の数字が少しでも
   0に近づくことだけを見てるんだ」
  「全ては結果なんだよ。数字で見える結果だ」

エリートは続ける

エリ「Nさんから聞いてた話は ’’俺サンは何でもできる
   凄い人だから絶対に雇いたい’’ って
   言われたから採用したんだよ?」

俺 「。。。」

エリ「それなのにこんな簡単なことも出来ないのか?」

俺 「。。。」

エリ「俺サンに毎月いくら払ってるか分かる?あ?」
  「この会社で一番給料が高いの俺サンだよ?」
   ※Tさんやエリートは日本の本社から支給されているため

俺 「。。。」

エリ「はぁ~(溜息)Nさんに騙されたな、これは」

俺 「。。。」


もう、やるしかなかった

俺が路頭に迷う可能性があったのを助けてくれた
元上司Nさんを悪く言われるのは我慢ができない

しかもこのエリートの発言で今回の人事配置は
以前からの決定事項で、水面下では
今の組織になることも決まっていたことも判明した
※Nさんは当初から2年契約だった(後日判明)

そして、Tさんと俺でコストアップ経緯(嘘)の
説明に行くため、お通夜のような状態の中で
資料を作り出した二日目のことだ。。


あの男から電話が掛かって来た


俺「もしもし。ご無沙汰してます。俺です。。」


策士K「
ちょっと急だけど明日ソッチ方面行くから寄っていい?」


遂に キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! ポチっと→
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

第一話から読んでいただくにはこちら→
一話あたり一分も掛からず読めますので是非読んでみて下さい