第三部開始の前に読み切りエピソードをひとつ。。

本編は11月16日(月)まで休刊となりますが
つい先日、当ブログ「タイは若い。。」がキッカケで
素晴らしい出会いと再会、感動がありましたので
是非とも紹介させて下さい

西暦2000年から時系列通りに進んでいるこの物語を
逆に未来側から攻める。。

『タイは若いうちに行け!痛感物語』初の試み

このブログ自体が俺の個人日記のようなものですが
その番外編としてお楽しみいただければ幸いです

本編には影響ありませんのでこの【特別読み切り】は
読まなくても話は繋がりますのでご安心を!


2020年7月。。

ある一人のブログ読者様と直接会えることになった

その方から「コロナ禍で暗くなっている今だからこそ
 タイに住んでいる者同士で一杯やりませんか?」
と言うような内容のお誘いを頂いたのが始まり

このメッセージの時点で俺はブログ更新をほぼ毎日
1年以上続けているのに新型ウィルス対策のひとつで
日本 ⇔ タイの国際線が飛んでいない影響もあり?
当ブログのオフ会というものを開催したことがなく
そのため読者様の誰一人とも会ったことがないと言う
’’寂しい系タイブロガー?俺’’ は、その提案を即快諾
※当ブログの国別読者様比率は8:1:1(日本:タイ:その他)

もうこの時点でワクワクとドキドキが止まらない

いつもたくさんの皆様からモチベーションのあがる
コメントを貰ってやりとりを行い楽しんでいるが
実際会って顔を見ながらの会話ってどんな感じだろう?
本人(俺)と会って幻滅しないかな?など色々気になり
何となくソワソワしているのが自分でもわかる

だいぶ昔に会ったケンジの時の感覚とは全然違う感じ
※参照ポチ→

そしてお互いが日程を調整し合った約3週間後に
平日の短い時間だけだが会える日が決定した

俺の住む地元までわざわざ出向いていただいた上
夕日の沈む中、先に開催場所近くで待っていてくれた

その男性の名を「Zさん(仮)」とする

固い握手と簡単な挨拶から初のオフ会が始まった

ありがたいことに熱狂的な「タイは若い。。」の
ファンだと言って下さり、しかもその言葉を
裏付けるように物語の内容をよく覚えていてくれ
俺も嬉しくて各話の裏話やボカシて紹介した部分の真実
物語では全く触れていない俺の別エピソードなんかを
酒のあてに話したり非常に楽しいものとなった

酔っ払った俺は更に調子に乗って2ヶ月分ほど先まで
あらすじをネタバレしてしまう失態(苦笑)

Zさんの面白いエピソードもたくさん聞かせて頂き
「やっぱりタイで長く仕事してる人って良い意味で
 普通じゃない部分が多いですねーw」なんて
絶えず笑いながら2時間ほど会食は続いた

そして。。

まぁ、俺のブログを熱心に読んで下さる方で
基本的にタイの女のコが嫌いな方はいないだろう

もう少し時間があるので場所を変えて飲み直しませんか?

こんな風にどちらから発したかわらない言葉とともに
自然と二次会へGO!!の流れになった


つづく。。


次話→


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここには同じタイ関連の面白いブログがたくさんあります


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村 ←何卒ポチっと

タイランキング

本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んでいただくにはコチラ→


一話あたり一分程度で読めますので是非御覧ください