前回の続き。。

『ドンムアン空港』の入国管理局別室に連行され
審査官により俺のパスポートの詳細検査が始まった

担当は威厳のありそうなオッチャンに変わる


あ。。これはダメかもしれないな。。

チーン。。


走馬灯ではないが、これから起こるであろう事を
一瞬で考えてしまった

日本に戻ってタイの就職先探して就労ビザ貰って。。
でもその間コンドの家賃はどうすれば?送金?
光熱費もあるし、クルマのローン支払いもあるぞ。。
いや、そもそも部屋の荷物がそのままだ。。
ベランダで育ててる唐辛子も枯れちゃうぜ?
ってか、そんな直ぐタイに戻ってこられるか?
入国できなければ帰国チケットってどこで買うんだ?
どうせ直ぐには無いしクソ高ぇんだろ(ハァ)
あ、「D」に連絡も入れないと心配するだろな。。

ヤバい。。これは相当面倒だぞ 


審査官がPCに俺のパスポート情報を打ち込むと
液晶モニターに俺の ’’渡航歴’’ がズラりと並んだ
※オッチャン審査官・・以下、オ審(おしん)

オ審「ミスター俺、何故ここに連れてこられたか
   分かってますか?」

俺 「いえ、わかりません(嘘)」

俺は連行された時点で全てを把握していたが
スッとぼけながらも落ち着いて返答した

この ’’落ち着いて’’ と言う部分が非常に大切

これは皆さんにもお伝えしておきたい重要事項

少し前にタイへ入国しようとした日本人女性が
入国カードの記載ミスを指摘されたことに立腹し
タイ人を大声で見下したように罵倒したらしい
きっと機内で飲みすぎて酔っ払っていたのだろう

その女性の行動も恥ずかしいものだが、結果とし
タイ側の判断は入国拒否、空港から出ることなく
日本へ逆戻りの刑が処された

しかもこの今回の彼女の失態はしっかり記録され
当分か永久にかは分からないが今後のタイ入国に
大きな影響があるのは間違いないだろう。。

タイのイミグレではどんな不満があっても審査官に
立てついてはいけないのだ ※どこでもダメですね


もとい。。


審査官はモニターの出入国履歴を見ながら
計算機を使って足し算を始め、俺に突き出した

オ審「これ見てみろ」
  「年間のタイ滞在可能日数を越えている」

俺 「でもそれはノービザの場合ですよね?」

オ審「ビザの規定は常に変わるんだよ(威圧)」

俺 「はい。。スミマセン。。

オ審「ところで、今はタイで何してるんだ?」

俺 「仕事を探しています(半分嘘)」

オ審「職を?180日も? もう無理だろ?555」

俺 「いえ、もうほとんど決まってます」

オ審「それは本当か?」

俺 「面接の結果まちなんですよ(嘘)」

オ審「ふ~ん。。でも今回は入国できないから
   外国で就労ビザを取得してから再入国だな」
  「その会社にも連絡しといた方がいいぞ」

俺 「ちょ、ちょっと待ってください 

オ審「規則は規則だ」

俺 「(ヤバっ )何とかなりませんか???」

オ審「ならないね」


昔、俺がインドネシアで入院の為ビザ切れをおこし
『ジャカルタ空港』で ’’袖の下’’ を要求してきた
審査官とは態度やこの場の雰囲気が全く違う。。
※参考→


俺 「ほ、本当に困ります。。」

オ審「何が?」

俺 「まだバンコクの部屋に荷物もあるし
   色々準備しないと問題があるんです(涙目)」

オ審「んー。。」

俺 「直ぐに就職しますので今回だけはっ」

オ審「。。。」

俺 「それに俺、タイでずっと居たいと思って
   タイの事を色々知ろうと頑張ってます」

オ審「。。。」

俺 「タイの事を愛しているんです!(本当)」

オ審「。。。」

俺 「。。。(ゴクリ)

オ審「ヨシ、わかった」

俺 「!!??」

オ審「次は絶っっ対にダメだからな」

俺 「え?え?じゃあ。。」

オ審「ミスター俺、タイ人女性と結婚しろ
  「そうすれば死ぬまでタイに居られるよ」
  「怒らせると怖いけどナ 555」

俺 「あっ、ありがどうございまずぅっ!(涙)」


パンッパンッ!サラサラ  ※ハンコ押す音とサイン笑


オ審「とにかく先ずは就職しろよ!」

俺 「わっかりましたぁ! (`・ω・´)ゞ」


こうして俺はギリギリでタイに入国できたのであった


第十六章 -完-

※ちなみに【第八話】ドンムアン空港 で紹介したなかに
 「今と比べるとイミグレが緩かった。。」と言う部分が
 あるのですが、この日の光景を思い浮かべて書いてました。
 約1年半前のブログ記事。。凄くないですか?笑
 当初はこの日まで紹介する予定ではありませんでしたが
 応援して下さる読者の皆様のおかげで今日を迎えております。
 やっとここまでたどり着いた、と言うことで
 今回は俺の中で記念すべき回ともなっております



明日、章のまとめコメントや雑談更新を行い
物語は2月15日(月)更新となります



本章もお楽しみ頂けましたでしょうか?
なんと「15円」からブログのご支援頂けます
次章のモチベーションアップにファイト一発
IMG_7795
E-mail: thaiwaka999@gmail.com

↓ ランキングアップポチっとお願いいたします

本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください