前回の続き。。

俺の採用面談後「Sさん」に『テーメー』に誘われた

この時なぜに直ぐにテーメーカフェに移動せず
一旦『雅』に戻ったのかは未だに謎だがこれが事実

しかしいつもシングルで行動する俺はSさんの提案
「BOX席に座って人間観察しよう」に凄く惹かれた

その理由はよくテーメーカフェで見掛ける景色

複数人でBOX席を陣取り女のコを品定めしたり
席に呼んで会話をしながら一緒にお酒を飲んだり
ワイワイと盛り上がってるグループが居る

シングルで行動するとなかなか無い機会

いつもそれを「楽しそうだなぁ」と思っていたから
今日はそれができることにワクワクしながら出発

更に近い将来に俺の同僚?上司?となった場合
少しでも仲良くしておくのは得策だと考えた

ちょっと変わり者の関西人Sさんだけど
一人じゃない夜遊びは楽しいかもしれない

前職の日系企業に居た時は毎週複数人での
飲み会を楽しみにしていたほどなのだから
※参照ポチ→

テーメーやゴーゴーなどで夜遊びしている途中で
変な ’’間’’ が出来た時に話し相手になったり、
新しい意見やアイデアが出たり良いこともある

テーメーに ’’女のコを探しに来ている’’ ではなく
’’ちょっとツレと様子見に来てるだけ’’ という感じで
何の気負いもなく入店することができる
※こんなことで気負いしてる方はいませんねw

一人でデカいBOX席に座って他のお客さんに
迷惑がられることも無いし、照れることも一切無い

Sさんの容姿はユエン・シャオティエン関西Ver.だが
仕事に関係がないとすれば楽しいオジサンだろう

いざ行かんっ!!


午前1時。。テーメーカフェ前

俺達はスクンビット通り側の正面から入ることに

この日は階段上まで女のコが溢れ帰っており
中にはLB(オ〇マちゃん)もチラホラ

するとSさんは普段はしていないであろう
LBにちょっとだけちょっかいを出すと言う
’’ワシはこんなことも出来るアピール’’ を
俺にしながら得意げに「行こか」と階段を降りる


テーメーカフェの中は凄い熱気だった


S 「ほえぇ、今日はやけに多いなぁ」

俺 「これは人間観察が捗りますね(ニヤリ)」

S 「ビール飲みながらじっくりやったろかぁ」

俺 「そうしましょう!」

S 「おっ?、あっ、俺サンっ」

俺 「どうしました?」

S 「あのコ、良えことない?」

俺 「えぇ?あの団子鼻のコですか??」

S 「BOX席に呼んでええか?」

俺 「もちろんですよ~」
  「交えて人間観察やったりましょう!」

S 「ちょっと呼んで来るわ」

そして俺は先にLEOを買ってBOX席に座った


俺(よっしゃぁ~、じっくりいきましょかぁ!)


が、その瞬間くらいでSさんが人混みをかき分け
BOX席に慌てて小走りで戻って来た


S 「ワシ、あのコと行くわ」

俺 「え!早っ!人間観察は?」

S 「一人でたのんま。ほな、お疲れっ!」

そう言うと閉店までお客は付かなかったであろう
団子鼻の変な運動靴を履いた女のコと
裏口の階段から消えて行った


俺 「(はぁ?なんだそれ?)」


一人BOX席でLEOを飲む俺。。

さぞ寂しそうであったであろう。。

BOX席の横に立っている女のコが振り返り
「なんだコイツは?」「私達のお尻見てるの?」
「キショ」と言わんばかりに何度もチラ見される

俺は一気にLEOを飲み干した。。


ワイワイと雑談しながら人間観察する夢は儚く散った(涙)

※テーメー復活後は俺と同席を是非ともお願いしますw


★ブログランキングの応援をよろしくお願いします
ここに同じタイ関連の面白いブログが沢山あります

↓ ランキングアップポチっとお願いいたします


本ブログ「タイは若いうちに行け!痛感物語」を
第一話から読んで頂くにはコチラ→
一話一分程度で読めますので是非御覧ください