タイは若いうちに行け!痛感物語

過去に何があり何故今もタイで生活をしているのか?約20年を振り返る実話物語 ~全ては繋がっている~

カテゴリ: 第十章

ベンツとその後どうなったかは想像にお任せしたいあれから何度もデートを重ねたのは間違いないと言う事だけ覚えていて欲しいそんな愛しいベンツと幸せな時間を過ごしていた頃ついに、ついに、この時がやってきてしまったKさん独裁政治の再始動後輩U、Mさんの帰国がKさん ...

前回の続き。。ベンツ「ハッピーバースデー!俺ちゃん」このとき自然に流れる感動の涙は全くと言って良いほど恥ずかしいと思わなかった周りの知らないお客さんもサプライズを察し指笛を鳴らしたり拍手を送ってくれたので俺は涙を拭いながら軽く会釈で返すベンツの後ろからマ ...

そんな小さな事件のあった翌週も『hillary』へいつものように入ったが、お目当てのベンツが来ない少し見回したけどフロアに居ないようだ「珍しいな」なんて思いながらもいつものテーブルへ座りタバコに火をつけるするとベンツと一緒にウエイトレスをしている友達が俺のところ ...

前回の続き。。目の前には絶対ハーレーに乗っているような風貌の男向こうもこちらをジッと見ているぶっ殺されると思ったけど、もう後には引けない欧米人「What is it?」俺はこのとき震えていた詰め寄ったまではよ良いがどうして良いか分からない英語のできない俺はこんな風に ...

今夜もまたまた『hillary』を目指してやって来た俺の顔が見えるといつものようにベンツがLEOを持ってテーブルへベンツ「はいっ 」   「もちろん私も一杯もらうわよ 555」仕事はキッチリとする(笑)楽しい時間の始まりだ一緒に居るときベンツには一杯おごり続けるので俺 ...

【ブログを読んでくださっている皆様へ】いつも応援ありがとうございますいやー、なんとブログを開始して1年が経ちました物語はリアル伝記ですので構想や全体の流れは最初からザックリとできていましたが実際1年も続けられるとは思っていませんでした第一話から第百話までは ...

今日もフラリと『hillary』へ来ればベンツが居る俺を見つけると小走りで飛んでくる可愛い天使しかも何も言わずとも俺の大好きな’’Beer LEO’’ が自動で出てくるいわば常連客のような感じになったのが心地よいあまりにも通うので、店のママさんとも仲良くなり必ず1杯ごちそ ...

↑このページのトップヘ