タイは若いうちに行け!痛感物語

過去に何があり何故今もタイで生活をしているのか?約20年を振り返る実話物語 ~全ては繋がっている~

カテゴリ: 第十五章

先日の接待中の出来事など無かったように通常に戻る終わりなく続く様々な追加ルールや取り決めの嵐それを完璧には守れないタイ人スタッフ俺達も指導はしているがなかなか結果がでない焦りその結果が出ないとエリートからは叱責を受ける今では会社中の壁を覆いつくすほど掲示 ...

前回の続き。。『クラブ 雅』での接待は続く俺もエリートもBさん含め、美女に囲まれ酒が進んだ最初はエリートとBさんがメインで話し込みそこに俺が少し加わり話をしていたが。。さすが高級カラオケ、女のコの日本語レベルも高くエリートやBさんでも問題なく会話ができるた ...

前回の続き。。エリートのコーディネートで開催される二次会現地に各自のクルマで到着した。。噂には聞いていたが、これが『クラブ 雅』かメインフロアで迎えてくれた女のコは約100人しかもレベルが高い!理不尽MDと行ったコヨーテ『シャーベット』のレベルも高かったが、 ...

前回の続き。。エリートは重要顧客Bさんを夜の情報収集の名目で二次会に誘うことに成功した。。俺達を乗せたクルマはトンロー方面へ向かうBさんのアルファードもしっかり付いて来ている向かう道中の車内、エリートは機嫌がよかったのか「Bさんと食事以降の接待にまでもっ ...

前回の続き。。バンコクの高級料亭『天翠 -TENSUI-(てんすい)』エリートの重要顧客Bさんの接待が終わりに近づこうとしていた。。B 「今日は面白い話も聞けて良かったよ」エリ「お時間頂き誠にありがとうございます」俺 「どうもありがとうございました」B 「俺サン。 ...

前回の続き。。エリートと重要顧客Bさんの難しい話が終わりざっくばらんな話へと変わってきた今まで仕事や政治や世界経済の話がメインだったが少しづつタイ寄りになり、タイの情勢についての話題と変化していたふぅ。。まだ俺にとって多少マシな展開が、下手なことを言うと ...

前回の続き。。高級料亭でエリートと重要顧客の接待中多少緊張しながらも余裕をかましていた俺にBさんが質問をしてきた!B「俺サンは何故タイで仕事をしたいと思ったのですか?」俺「。。。(汗っ)」【俺脳内】何故?どうして?タイに来た?わざわざタイで仕事?たしかに ...

↑このページのトップヘ