タイは若いうちに行け!痛感物語

過去に何があり何故今もタイで生活をしているのか?約20年を振り返る実話物語 ~全ては繋がっている~

カテゴリ: 第五章

前回の続き。。なんとも言えないこの気持ち思えばアパート入り口の守衛サンも入るとき変な顔をしていたような気がするもちろん言葉は発さなかったけど帰りは「お気の毒に。。」と言う顔だったようなさっきドアの隙間から冷蔵庫だけが見えたクワーンが俺のデジカメで撮ったツ ...

前回の続き。。15時頃、クワーンのアパートへ到着久しぶりに会うのとサプライズの2段構えで俺の心臓はドッキドキと張り裂けそうだったそのままゆっくり2階へ上がるクワーンの部屋のドアが開いているのが見えた「居る!!」クワーンは電気代の節約をする為に昼間はドアストッ ...

クワーンに顔面を引っ搔かれてから2週間ほど経った流石にクワーンから「大丈夫?」とか「ゴメンね」と言う連絡があると思ったけど相変わらず俺に電話を掛けて来ることは無かったこんな時までルールを守るのか。。でも俺は会わなかった時間もクワーンのことを考えてばかりきっ ...

前回の続き。。「勝利の3本線」ならぬ「敗北の3本線」が刻まれた顔こんな夜中に行くあても無く。。いや、あっても帰らない訳にはいかず俺はそのままの状態で部屋に帰る覚悟を決めた部屋に入るとK美は眠っていたようだけど俺のゴソゴソする物音で目覚めてきたK美「あ、おか ...

前回の続き。。目の前に包丁を付きつけられたまま怒鳴られるタイ人の女の子に浮気がバレたときはヤバイそれが原因で刺された人を知っているなど。。この手の話はいろんな人から聞いていた最悪の事態が頭をよぎるクワーンは激高していたが目には涙が溜まっているのが分かった ...

前回の続き。。soi39の奥側に向かってシーローで移動する到着したのは『ドリーム』と言うこじんまりとしたカラオケクラブそこで以前のようにVIPルームを借りカラオケやダンスで盛り上がり先輩達と2時間ほど目一杯楽しんだ「お疲れ様でしたー。おやすみなさーい」先輩方と笑顔 ...

2002年12月、週末。。クワーンとの関係を保ち続けるなかでの会社行事スクンビットsoi39入り口の日本料理『博多』で忘年会を兼ねた職場メンバーでの食事会忙しさがピークを迎えていたのに今週の日曜日は全員で休めそうなので上司も含めドンちゃんドンちゃんとかなり盛り上がっ ...

↑このページのトップヘ